尺八の短音(スタッカート的な)の出し方について感じたこと

 

11月3日の朝倉芸能公演での演奏に向けて、稽古しています。

乙のロ、や乙のツ、など、スタッカートで吹くのは難しいです。他の楽器と比較しても尺八は瞬時に発音することが難しい楽器かも知れません。熟練した人は、パッとどの音でもだせるかもしれませんが。

今までを振り返ってみると、スタッカートで吹こうとする時には、「とにかく音を出して短く止めよう」と思っていたように思います。

今回の乙音のスタッカートの部分の稽古で感じたことは、まず演奏で使える音を発音して、その後に、短く音を切るということです。まず発音は、どんな音でもとりあえずパッと発音しようというのではなく、音が出るアンブシュアのポイントの中で、よりポイントをしぼった狭いポイントでくっきりしたいい音を出す。初めからフォルテで短音を出そうとすると爆発した音になってしまうので、初めはmfくらいで短い音が出せるようになるといいかも。そして、その後は音を短く切る。曲の表現によって、ブツッと切ったり、音を響かせて切ったりなど。

振り返ってみると基本的なことですが、自分自身で腑に落ちました。

音の出し方と、止め方ですが、まずは発音の方が重要で、気を配るところかもかもしれません。

Posted in 未分類. Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.